リナ・ヴァスタ  LINA VASTA

画像:Gargano Enzo
画像:Gargano Enzo

ミラノのコンセヴァトーリオ(ヴェルディ音楽院)でディプロマを取得。ジャンニーナ・ロンバルディ氏、イネス・フェラーリス氏に師事。16歳で歌手活動を始め、オペラ『椿姫』『ルチア』『リゴレット』などの舞台に立つ。イタリア国内の市立劇場にてリリコ・レッジェーロ・ソプラノとして活躍。第二次世界大戦中も戦火を縫いながら歌い続けるが、後に、34歳年上の指揮者パスクァリエッロ氏と知り合い結婚。夫の希望により若くして歌手活動を引退することになる。

1984年に夫と共にヴェルディ「憩いの家(養老院)」に移り住む。音楽活動やコンサートのできる環境が、リナの眠っていた歌への熱情と才能を覚醒させる。周囲は、彼女の類まれな音楽性とそれを支えるテクニックに驚いた。聴衆の歓喜と彼女の活動を支える人々と出会い、再び人前で歌い始める。現在ミラノの「憩いの家」に在住し、イタリア国内を始め海外で音楽活動を行いながら、後進の指導にもあたる。

 

現在80歳を超えての現役ソプラノ歌手。

●2014.6.8(日)
●開演14:00
●開催場所:東京オペラシティコンサートホール
●全席指定5,800円(税込)
●主催:テレビ朝日、光藍社
●後援:イタリア大使館
●問い合わせ:光藍社050-3776-6184
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●予定演目
ヴェルディ「椿姫」より
ヴェルディ「運命の力」より
プッチーニ「修道女アンジェリカ」より、他
●共演
上江隼人(バリトン)
笛田博昭(テノール)
ヴィンチェンツォ・パスクァリエッロ Vincenzo Pasquariello(ピアノ)